ご予約

百薬の湯



百薬の名湯「諏訪之湯」


当館のある入来温泉の歴史は古く、1371年の文献にも記述があり、
約700年もの間、人々に親しまれてきました。
旧島津藩内の名勝地について書かれた「三国名勝図会」(1843年)には、
「藩内に温泉は多いが、 霧島の湯は湯性が激しく病の治療に向かない。
安楽湯は柔らかすぎて病の治療に向かない。
しかし、入来の湯は剛ならず柔ならず、湯性温和で胃腸などの内臓虚弱に良い。
病体にもさわらず、穏やかで、諸病を癒す。
したがって、病客は僻遠の地をいとわず、湯治に来る者が絶えない。」
と紹介されています。
戦国の世から薬湯として親しまれた当館のお湯で、
どうぞ日ごろの疲れをお流しください。

古くから湯治場として栄えた「百薬の湯」で、ゆっくりとした癒しのひとときをお過ごしください。
温泉水は金のほか、消炎・鎮痛作用のあるカルシウムイオン(1kg中251.9mg)をはじめ溶存物質を多く含む、
とても療養向きの温泉です。

諏訪之湯権現
諏訪温泉 諏訪之湯

泉 質

塩化物泉

泉 温

45.7℃

PH値

6.3

ラドン含有量

5.54Bq

効能・効果

●入浴
神経痛、リュウマチ、腰痛、関節痛、運動麻痺、慢性婦人病、五十肩、皮膚病、アトピー性皮膚炎、
切り傷、 ヤケド、水虫、毒虫のハレ、痔疾、疲労回復など
●飲用
慢性便秘、慢性胃腸病、慢性消化器病など

◆陽イオン◆

◆陰イオン◆ ◆その他の微量成分◆

ナトリウムイオン

1050.0mg 

フッ素イオン

1.9mg 

総ヒ素

0.072mg 

カリウムイオン

69.8mg 

塩素イオン

1351.0mg 

銅イオン

0.01mg 

アンモニウムイオン

0.4mg 

硫酸イオン

499.5mg 

鉛イオン

0.01mg 

マグネシウムイオン

33.1mg 

炭酸水素イオン

927.5mg 

総水銀

0.5mg 

カルシウムイオン

251.9mg 

炭酸イオン

0.2mg 

0.005mg 

マンガンイオン

1.0mg 

合 計

2780.1mg 

メタケイ酸

132.3mg 

第一鉄イオン

5.4mg 

 

メタホウ酸

62.5mg 

合 計

1411.6mg 

 

遊離二酸化炭素

540.8mg 

※1kg中の成分

成分総計

4886.0mg